いつも心にワクワクを✈︎好きな場所で暮らそう

好きな場所で好きなことして生きていく。海外旅行。移住。働き方。お金。

マチュピチュ・ウユニ塩湖格安個人手配旅行の費用まとめ【14日間30万円】

世界の裏側にある世界の絶景、マチュピチュ・ウユニ塩湖。

ツアーだと高額ですが、全て自分で航空券やホテルを予約すると、時期によってはツアーの半額程度に抑えられるので、実際にかかった費用を公開します!

 

 

f:id:t-yoga:20181205204406j:image

 

総額

 約300,000円(12泊14日)/1人

 

内訳

 

交通費

214,593円/1人 

成田⇄リマ(メキシコシティ経由)127,540円

リマ-クスコ7,317円

クスコ⇄マチュピチュ列車13,420円

クスコ-ラパス17,090円

ラパス-ウユニ18,902円

ウユニ-ラパス夜行バス4,624円

ラパス-リマ25,700円

 

宿代

 24,396円/1人10泊

宿の予約は全てBooking.com

※1ドル=114円で計算

 

観光

6,978円(マチュピチュ入場+ワイナピチュ登山)

2,736円(村-マチュピチュバス往復)

5,643円(ウユニ塩湖現地ツアー2日)

 

食費

約20,000円

 

ここまで、274,346円!

そのほかに、空港-市内の移動、お土産などの雑費。

 

総額約300,000円で行くことができました!

(2018年5月GW明け)

 

 ※同じ時期、ツアー 会社を見てみると10日間で70万円前後でした。

 

 

 

航空券は、全てスカイスキャナーで予約しました。

スカイスキャナーで航空券比較検索

 

実際は、そこから最安値もしくは信頼できるサイトから予約します。私が利用したのは、

・エクスペディア

・kiwi

 

実際の航空会社は、

成田⇄リマ ・アエロメヒコ(メキシコシティ経由)(jtb)

リマ-クスコ ・viva air ※チケット要プリントアウト  ないと追加料金3000円位取られました泣  (kiwi)

クスコ-ラパス ・ペルビアン(エクスペディア)

ラパス-ウユニ ・アマゾネス(kiwi)

ラパス-リマ ・LATAM(エクスペディア)

 

 

 

マチュピチュへの列車は、

ペルーレイル

https://www.perurail.com/destinations/cusco-machu-picchu/

 


予約の仕方はこちらのブログを参考にしました。

https://www.google.co.jp/amp/s/tekito-otome.com/perurail/amp

 


見方がわかれば分かりやすいので、比較的簡単だと思います。※たまにセールで半額位になってます(早割のような感じだと思いますが、すぐに通常料金に戻るので、見かけたら迷わず予約がオススメです!)

 


私は、セール価格で取れなかったのと、ハイシーズンではないため予約しなくても席が埋まることはないから、現地での体調と相談し日程を決めることにし、直接購入しました。

クスコの街中と、クスコの空港の到着後荷物受取カウンター内にペルーレイルのチケットオフィスがあり、予約と発券ができます。

空港のオフィスは空いていて、購入もスムーズに出来ました。

 

 

 

 


ウユニ→ラパスの夜行バスは、

Todo turismoのサイトから直接予約しました。

http://www.todoturismosrl.com/index.php

 


こちらのブログを参考にしました。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.ashitabi.com/2017/01/26/todo-turismo/?amp=1

 

乗客はほぼ観光客です。ウユニには新月の夜の星空が人気で、バスが埋まります。満席の日もあり、なんとか2席空いてる日を見つけられました。予定が決まっていれば早めの予約がマスト!

 

 

 

観光

マチュピチュ予約

http://www.machupicchu.gob.pe

 


こちらのブログを参考にしました

https://www.google.co.jp/amp/s/tekito-otome.com/online-yoyaku/amp

 


今まで1番難しかったです。。これさえ予約出来れば、マチュピチュ・ウユニ塩湖の旅は完璧も同然です!がんばりましょう!

ワイナピチュ山は毎日400人分のチケットしかないので、ワイナピチュにも行きたい方は、航空券購入の前にワイナピチュの日程も確認して抑えましょう!

 

 

 

マチュピチュ村からマチュピチュへのバス

現地購入のみ。並ぶので前日購入が吉。

 

 

 

ウユニ塩湖ツアー

ホダカツアーで現地申し込みしました。

お店の近くに客引きのおばちゃんがいて、連れて行ってもらいました。希望のツアーの空きがあったのでそのまま予約しました。

詳細は別途記事書く予定です。

 
こちらのブログを参考にしました

https://daily-traveler.com/uyuni/

 

 

 

 

南米は、飛行機が高いです!

国内線も国際線も。

バスで移動する手もあるのですが、時間がかかって体に負担がかかるのと、常に高山病の状態で横になれないのは辛いと判断し、 1度しか使いませんでした。

 

 

 

しかし、宿代と食費は安いです!

好みによって大いに調整できる部分です。

 

私は宿はバックパッカーの安宿だとちょっときついなと感じてくるお年頃、清潔感などコスパ重視で選んびました。価格帯では真ん中か少し下くらいです。

 

また、食事にあまり重きを置かなかったので、ちゃんとレストランで食べたのは数回、あとはスーパーでパンやシリアルを買ってきたりと節約していました。なので、価格帯は低い方だと思います。

 f:id:t-yoga:20181211004420j:imageクスコのランチは美味しくてコスパも良いです!700円位。夜ご飯を外で食べる回数が少なかったですね。食べてもハンバーガーとか。スーパーが便利でした。

 

 

 個人手配旅行のいいところは、

安く抑えられるところと、日程を柔軟に調整できるところです。

 

例えば予約の段階で、ウユニ塩湖の星空を絶対みたいけど、雨が降る場合に備えて予備日を設けることができます。さらに、飛行機や宿をずらして延長することだって可能です。

 

せっかく遠くまで行くのなら、ベストなコンディションを見たいと思いませんか?

 

 

次回は宿についてのまとめ記事を書きます!