【NZグレノーキー】ロードオブザリング半日ツアー体験レポート

ニュージーランドのクイーンズタウン周辺にはロードオブザリングのロケ地がたくさんあります。今回はピュアグレノーキーが開催する半日ツアーに参加してきました。

 

 

ピュアグレノーキー

f:id:t-yoga:20191206130808j:image

ロードオブザリングツアーを開催している会社はいくつかありますが、今回はその中から少人数で開催しているピュアグレノーキーのツアーに参加しました。

ドライバー兼ガイドのカイトさん、アメリカからのご夫婦、中国からのご夫婦、そして私の6人でした。

少人数なので仲良く和気あいあいとした楽しい雰囲気でした。

 

実はロードオブザリングの大ファンという訳ではない私←
1回見たことはあるし冒険もので好きなのですが、記憶がうっすらで。予習することなく参加となりましたが、十分楽しめたのでご安心ください!

ちょこちょこロードオブザリングクイズがでますので、詳しい人はもっと楽しめること間違いなしです!

 

解説はすべて英語なので、私の解釈の内容が違っているところがあるかもしれませんがご了承ください。


出発

f:id:t-yoga:20191206130845j:image

早速クイーンズタウンを出発していきます。ロードオブザリングの解説のほかにも、他の映画の撮影秘話やクイーンズタウンのことなど、色々な説明をしてもらいながら進んでいきます。

 

クイーンズタウンの象徴的な湖であるワカティプ湖は、ニュージーランドで3番目の大きさ・1番目の長さを誇り、ワカティプとはマオリの言葉で「ワカ=カヌー、ティプ=旅」を意味するそうです。私の出身地の北海道にもアイヌの言葉で名前の付いた川や橋があり、勝手に親近感がわきました。

 

f:id:t-yoga:20191206131020j:image

合計5つほどのロケ地に途中下車します。ロケ地に降り立つと、このように写真付きで解説してくれるので、どのシーンの撮影だったのかが一目瞭然で楽しいです。

 f:id:t-yoga:20191206131056j:image

二つの塔でローハンスの民がエドラスから避難するシーンで使われた場所です。湖を大きく見せるために遠近法を利用して人々を配置したそうです。多くのキャスト・スタッフがここに泊まり込んで撮影が行われました。

 

f:id:t-yoga:20191206131129j:image
崖に隠れて様子をうかがうシーンや、料理をするシーンの撮影場所もあり、実際に同じところで記念撮影もできます。

 

f:id:t-yoga:20191206131208j:image
またここにはマヌカイツリーという棘の鋭い木があり、マオリのタトゥーのニードルとして用いられているそうです。

 

グレノーキーで軽食

f:id:t-yoga:20191206131256j:image
3ヵ所ほどロケ地で途中下車したのち、グレノーキーに到着です。

この赤い建物はインスタスポットとして有名で、監督のピータージャクソンさんがグレノーキーに自然災害が起こり建物が壊れてしまった時に寄付をして再建したものです。ロードオブザリングとこの地域のつながりを感じられますね。

コーヒー紅茶とスコーンなどの軽食を用意してもらい、しばし休憩です。


また、ここにはニュージーランドで1番小さい図書館があって、週に1時間だけ開くそうです。

 

途中のロケ地たち

f:id:t-yoga:20191206131408j:image

f:id:t-yoga:20191206131438j:image

 

パラダイスまで足を延ばす

f:id:t-yoga:20191206131516j:image
半日ツアーでもパラダイスまで行けて嬉しいです。グレノーキーからパラダイスに向かう途中に広がる景色は、マンモス?大きな像?と戦うシーンが撮影されました。

途中からオフロードになるので、車酔いをしやすい方は酔い止めを飲むほうが良いかもしれません。


ここにあるリースバリー近辺では、ミッションインポッシブル4の撮影がされてトムクルーズが自家用?ヘリコプターでクイーンズタウンのホテルから通勤?したらしいです。


地名のパラダイスの由来と言われている野生のパラダイスダックも見ることができます。(諸説あります)


仮装して記念撮影

f:id:t-yoga:20191206131608j:image

最後はロスロリアンフォレストのロケ地でホビットやエルフの仮装をして写真撮影会です。少し恥ずかしいですが楽しんだもの勝ちですよ!

剣や指輪などの小道具もしっかり準備されています。
f:id:t-yoga:20191206131641j:image 
ここで出てくるゴールデン色の落ち葉は地元の小学生が葉っぱのペイントに協力したそうです。


いかがでしたか?実際にどこをとっても美しい絵になる自然のなかで、ロードオブザリングが撮影されたことは素晴らしいですね。なかなかツアーに参加しないとロケ地がわかりにくいと思うので、参加する価値がありますよ。

日本からニュージーランドの航空券はスカイスキャナーで航空券比較検索