いつも心にワクワクを✈︎好きな場所で暮らそう

好きな場所で好きなことして生きていく。海外旅行。移住。働き方。お金。

【最新版】ニュージーランドドルいくら・どこで両替するべきか徹底比較

f:id:t-yoga:20190728200913j:image

 

ニュージーランドドルへの両替は、どこで・いくらするべきなのか?

ニュージーランド旅行の玄関口であるオークランド空港と、市内の手数料ゼロの4つの両替所を実際に比較してご紹介します!

 

・最もお得に両替する方法を知りたい

・両替する金額の目安を知りたい

という方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

オークランドのお得な両替場所

 

空港と市内では5円以上の開きがありました、、

 

→空港での両替は最低限にして、オークランド市内で両替するようにしましょう。

 

お得な両替所として有名なのは、

 

D.P. money exchange

No.1 currency exchange

LOTUS foreign exchange

 

e-Trans

 

銀行やホテルの両替はレートが悪いので、比較対象から外しています。

 

 

 

結論

日によりますが、2019.7.26時点では、

D.P. money exchangeが1番レートが良かったです。両替手数料は無料です。

 

住所

263 Queen St, Auckland CBD, Auckland 1010

 f:id:t-yoga:20190728204811j:image(写真はLOTUS foreign exchange)

両替所のほとんどはメイン通りのクイーンストリートに集中しているので、見比べてみるといいですね。

 

両替に必要な持ち物

f:id:t-yoga:20190818195714j:image

・パスポート

・(ワーホリビザなら)住所証明できるもの

・携帯電話番号(聞かれました、必須ではないかも)

 

両替する金額

ニュージーランドはカード社会なので、旅行であればそこまで現金は必要ありません。

現金でなければ買い物できない場所は、週末マーケットくらいです。

一方、クレジットカード払いだと手数料がかかる所もあるので、使い分けるといいでしょう。

 

1〜2週間の旅行

ほとんどカード払いと考え、1万円≒135ドルをお守り代わりに両替で十分です。

 

1年間のワーキングホリデー

語学学校に行かず、すぐに仕事を探し始める場合。

私は10万円の現金と、いざという時は海外キャッシングできるエポスカード と、クレジットカードを3枚持ってきました。

 

そのうち8万円を両替し、

ニュージーランドで開設した銀行に7万円分預けています。

 

なので、お財布には1万円分の現金を念のために持ち歩いています。(日本でも数万円持ち歩きたい人でした)

 

現金を使うタイミングは、

・週末マーケット

・バス(オークランドに長く滞在するならATカードがお得です)

・友達とご飯に行くとき

 

それ以外のときは、数ドルでもクレジットカードか、

EFTPOSという銀行口座に直結しているデビットカード(銀行口座を開設するともらえる)を利用しています。

 

2019.9.25追記:オークランド以外の地域のレート

オークランド以外の地域を5箇所以上見てきたので、傾向をお伝えします。

北島はオークランド以外の都市にもお得な両替所があり、レートも良心的です。

一方、南島に行くとその様子は変わります。南島の1番大きな都市クライストチャーチでは銀行以外に町中を歩いていて両替所を見かけることがありませんでした。唯一みつけたところも、レートが悪かったです。

その他、クイーンズタウンなどの観光地に行くとさらにレートが悪くなります。

 

旅行で来られる方は、オークランドで1泊するなら街中に出て両替してしまうことをおすすめします!

 

いかがでしたか?

ニュージーランドではキャッシュレスが進んでいて、少ない金額でもクレジットカードを使えます。

海外旅行には、保険が自動付帯で、いざという時のキャッシングも使える、年会費無料のエポスカード を持ってくると安心です。

 

 ニュージーランドのお得なツアーは゜:*★ニュージーランドのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°