いつも心にワクワクを✈︎好きな場所で暮らそう

好きな場所で好きなことして生きていく。海外旅行。移住。働き方。お金。

【ニュージーランドワーホリ】WWOOF(ウーフ)のメリット・デメリット|体験談|無料で英語を学びながら憧れの地に長期滞在

 ニュージーランドのワーキングホリデー、各地を旅行して回りたいときに知っておくと便利なのがWWOOF(ウーフ)です。

実際にWWOOFを利用してニュージーランドを旅している私が感じた、メリットとデメリット、注意点をご紹介します。

WWOOFを利用するか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

 f:id:t-yoga:20190818155329j:image

 

WWOOFのメリットは無料で滞在できることですが、英語を勉強したい方にとってはそれ以上のメリットがあります!

ずばり、ネイティブの英語漬けの環境を手に入れることができます。普通にワーキングホリデーをしていると仲良くなるのは同じようにいろんな国からワーホリに来ている人たちで、なかなかネイティブの友達ができることは少ないですよね。

 

WWOOF とは?

 有機農家に滞在し4時間程度のお手伝いをする代わりに、3食と寝床を手に入れることができます。WWOOFの理念はオーガニックの生活を共有することです。

今では一般家庭で小さなガーデンを持っている人たちも多いので、本格的な農作業に抵抗がある人にも参加しやすくなっています。

 

メリット

f:id:t-yoga:20190818155451j:image

滞在費が無料


ニュージーランドにきて、なかなか仕事を見つけられないと焦ってしまいますよね。また、お金の心配をして観光に出かけられないのももったいないです。せっかくの1年間の限られた時間を有効に活用するために、4時間ほどのお手伝いだけで宿もご飯も無料で生活できる方法があることを知っておいて損はありません。

 

ネイティブの家庭に滞在し、文化や英語を学ぶことができる


ワーホリでローカルジョブをゲットすることは面接をクリアする必要がありますが、WWOOFでは高い英語力は必須ではありません。(あるにこしたことはありませんが)WWOOFのホストは、kiwiや長くニュージーランドに住んでいる方が多いです。毎日ネイティブの英語に触れられて、一緒に生活することができ、WWOOFの後も連絡を取り合えるフランクでカジュアルな関係性を築きやすいのもポイントです。

また、ホストは交流を楽しみにしているオープンマインドで親切な方が多いです。旅を彩る素敵な出会いが待っています。



観光の時間が十分にある


仕事の時間は4時間程度なので観光にもたくさん時間をかけられます。また、ローカルのおすすめスポットを知ることができます。


人脈が広がる


WWOOFのホストは、人との交流が好きな人が多いです。そのため、近隣の人たちにも知り合いが多かったり、情報が集まってくる人である可能性が高いです。もしあなたが移住先を探していたり、なにか新しいことを始めようとしているならば、よき相談相手になってくれるでしょう!

 

デメリット

f:id:t-yoga:20190818155537j:image

好きなものを食べられない

食事はすべて用意されますし、量も十分です。西洋のシンプルな家庭料理で、日本のようにたくさんの種類のおかずが用意されることは残念ながらありません。

朝ごはんはセルフで好きな時に食べてね~というホストもいたのですが、シリアル・トースト・果物から選ぶ感じでした。ごはんとお味噌汁の朝ごはんが恋しくなります←

たまにマクドナルドとかカップ麺とかも食べたくなります←

 

生活サイクルが左右される

ホストの家に暮らし、食事も一緒にするため、食事の時間や入浴・就寝時間をホストたちの生活リズムに合わせる必要があります。

また、自分の時間を持てるかどうかも左右されます。1人暮らしの方のお家は、夕食後も一緒に時間を過ごす流れになりやすいです。

 

注意点

f:id:t-yoga:20190818155644j:image

どのくらいの英語力が必要?

英語に自信がない、英語ができないと参加できないかというと、そんなことはないので安心してください。

ただ、私はネイティブの英語が速すぎて95%くらい理解できない状態でした。。もっとたくさん話したいというモチベーションになります。。

生活の注意点やお手伝いの指示など、大切そうなことは聞き直すなどして確認をとるようにすると良いです。

返事が来ないこともある?

WWOOFでの心得として、ホストにメッセージを送っても半分ほどは返信がありません。また、すでにほかの人を受け入れることになったのでごめんなさいと断られることも半分ほどです。(夏場はさらに競争率が高いです)
そのため、行きたい地域が決まったら複数のホストにメッセージを送ります。

WWOOFのマップを眺めるとたくさんのホストがいることがわかり、ホスト探しが大変に感じられるのですが安心してください。

立地や仕事内容、滞在期間をチェックしていくと、私の経験では、1つの町で良いなと思うホストは4~5件ほどになります。
その際に、最新アクティブの日付が表示されるのですが、数か月利用していない場合は返事がない可能性が高いので候補から外します。

 

良いホストの見分け方:フィードバックコメントを確認する


WWOOFの評価方法は、星5つとコメントです。この内容はホストも閲覧できるので、大半が星5つと良い面を挙げています。実際の仕事内容や過ごし方を知ることと、遠まわしにネガティブな点を挙げている場合や、コメント数が少ないホストには注意しましょう。反対にまた来ますというコメントは本当に良いホストであると推測できます。そのほか、食事がおいしいというコメントも私は大切にしています。

 

たくさんのWWOOFホストをチェックするコツ


ずばり、Googleの翻訳機能を活用することです!笑
当たり前ですがすべて英語なので、解読に時間がかかってしまって多くのホストをチェックできないです。まずは情報をさばくために日本語にしてしまうとサクサク進むのでおすすめです。

 

 

利用方法

WWOOFニュージーランドのHPに登録して利用します。必要なのは年会費40ドルのみです。

https://wwoof.nz/

そのあとはプロフィールを整えて、気になるホストを見つけたらメッセージを送って返事を待ちます!
登録しなくてもどのようなホストや仕事があるかはチェックすることができるので、ぜひHPをのぞいてみてください。

 

ニュージーランドのガイドブックには載っていない街を探すなら、「LOVELY GREEN NEWZEALAND」がおすすめです。