いつも心にワクワクを✈︎好きな場所で暮らそう

好きな場所で好きなことして生きていく。海外旅行。移住。働き方。お金。

屋久島に1ヶ月からの長期滞在|屋久島サウスビレッジ無料滞在方法

屋久島は短期間で縄文杉を見るだけでは勿体ない、ほかにも魅力がたくさんあるところです。

屋久島に長期滞在してみたい人は、どんな方法があるかと疑問に思うでしょう。

 

そんな方におすすめしたいのがゲストハウスヘルパーです。私が実際に体験した役立つ情報をシェアします。

 

屋久島サウスビレッジ

f:id:t-yoga:20181003140614j:image

 

f:id:t-yoga:20181003140839j:image

 

屋久島の南部、平内地区に位置するゲストハウス「屋久島サウスビレッジ」。建物は木のぬくもりが感じられる造りで、天井が高くリラックスして寛ぐことができます。

 期間

1ヶ月〜

 勤務時間、内容

基本9〜12時 清掃、メールの返信、その他

相談ベース16〜18時 チェックイン等(基本1名) 

 給料

時給800円

 休み

週1日以上、応相談

私は1ヶ月間だったので、ご厚意で観光できるようにと週2日〜連休をもらってました。 

 スタッフ

オーナー夫妻、ヘルパー2名前後

 待遇

個室(1日宿泊費1000円が天引き)

レンタル品半額(レンタカー含む)

朝、夜ごはん賄い付き(志各100円)

 f:id:t-yoga:20181003140659j:imagef:id:t-yoga:20181003140745j:image 

 1日の流れ

仕事の日

6時半 起床 たまに朝のお散歩

7時半 朝食(賄い)

8時     自由時間

9時〜 仕事

12時 1人でお昼(たまにオーナー達と外食)

13時〜 洗濯したり、買い物、読書、カフェ等   (たまに大川の滝など観光)

(16時〜仕事)

18時半 夕飯準備、夕飯(賄い)

20時     自由時間、お風呂入って寝る

 

休みの日

6時     起床 
7時     バスで出発(白谷雲水峡)

9時〜 白谷雲水峡登山

15時   カフェ

17時   尾之間温泉

18時半 夕飯準備、夕飯(賄い)
20時 自由時間、お風呂入って寝る

※賄いは休みの日でももちろん食べれます。


雰囲気

周辺を木で囲まれていて、キャンプ場のような感じです。とても静かで、たまにヤクシカの鳴き声が聞こえます。外灯が最小限なので夜外に出るととても暗いです。自然の暗さを久しぶりに実感しました。

海外からのゲストが多いです、英語でメールのやり取りもあります。(私は一緒にスタッフしていた子に全部やってもらってました)

スタッフ、ゲストともに山好きの人が多いです。仕事は、オーナーの几帳面な水準に慣れれば大丈夫です。基本宿にずっといるのでわからないことはすぐに聞けます。

1人の時間が尊重される雰囲気です。午前中だけの仕事ならばほぼ1日自由ですし、夜や休みの日は基本1人で過ごしました。

ヘルパー部屋はゲストとは別の棟なので(お風呂やトイレも)、常に気を張っていなくてよいので良かったです。

 

デメリット

立地、他のところへ行くのに時間がかかります。スーパーもバスで20分(歩いて1時間)なのでちょっとそこまでコンビニに、みたいな感覚ではいられません。

またバスが1時間に1本かつ、終点が途中駅までで宿まで行かないトラップもあり、注意が必要です。

主要観光地まで遠い(白谷雲水峡2時間弱、ヤクスギランド2時間弱)です。縄文杉に至っては、縄文杉まで行く朝のバス(荒川登山バス)に間に合うバスの設定がない(始発バス停がこちらにない)ので、始発バス停まで1時間歩くか、オーナーに送ってもらうか、ゲストに連れてってもらうか、する必要があります。

 

大きめの蜘蛛が割といる。自然の中なので、虫はいます。宿の中にはそこまで出ません。

 

広いので(食堂事務所ヘルパー部屋の棟、ゲストハウス棟、共有スペース棟の3棟)掃除がちょっと大変です。慣れたら大丈夫です。

 

持っていったら良かった物

★シャンプー、トリートメント、ボディソープ、洗顔石鹸、ドライヤー

備え付けがあるのですが、自分に合わなかったので、Aコープで購入しました(高かったです)。

ドライヤーも共有なので、自分の部屋でのんびりかけたい方は持って来た方が良いです。

★サングラス、水着、アクアシューズ

9月でも真夏でした。陽射しは強く、海にも入れます。岩場もあるのでアクアシューズがあった方がいいです。(厚手の靴下で代用できました)

★(こだわりの)食料

基本的にはスーパーで手に入りますが、全体的に高いです。お米2キロとか持ってくれば良かったなと思いました。品揃えは一般的なものは揃いますが、こだわりのものがあれば持ってきた方が無難だと思います。

★ヘッドライト

平内海中温泉に夜行くときに、真っ暗でした。

★酔い止め、虫除け、かゆみ止め

登山に行く際、登山道は30〜50分くねくねした道です、乗り物に弱い方はあった方が安心です。

★水筒

登山に行く際、屋久島の沢の水はきれいで飲めるため、空の水筒を持って行けばオッケーです。素敵ですよね。

 

募集情報

http://yakushimasouth.wixsite.com/south

https://m.facebook.com/YakushimaSouthVillage

 

応募方法

まずはお気軽にメールやメッセージを送ってみてください。臨時休館以外は翌日には返信がきます。

 

最後に

私は初めての屋久島でしたが、山と海があって、温泉があって、のんびりした時間が流れていて、一方でおしゃれなカフェやご飯屋さんがあってと、屋久島が大好きになりました。

自然が好きで自然が身近な環境で暮らしたい方や、都会の慌ただしさに少し疲れている方に、屋久島はぴったりだと思います。

 

移住したいと思うほど素敵な屋久島の魅力を、長期でゆっくり満喫してみませんか。